teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:64/194 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

さつまの国の言い伝え

 投稿者:N  投稿日:2014年10月18日(土)17時23分48秒
  通報 返信・引用
  http://kagosimalegend.seesaa.net/category/14355341-1.html

谷山に伝わる埋蔵金伝説

以前、徳川埋蔵金に関する番組がTVで放送されていました。
筆者などは、埋蔵金なんか出ないと思いつつ、番組の頭から最後まで見ていたものです。

『谷山市誌』によると、谷山には大金を埋めた言い伝えが2つ掲載されています。
大金や黄金を埋めた言い伝えは、全国各地に残っているようです。
また、埋めた場所を言い表しているといわれる、「朝日影なし夕日のもと、朱三盃、金千升」
も全国共通のようです。

1.長尾山に伝わる黄金伝説
 皇徳寺跡の東の山を長尾山と呼んでいる。
 この山に軍用金が埋められているといわれ、山師たちが再三にわたって発掘したようですが、
 まだ、掘り当てた者はいないようです。

 言い伝えによると、千杯入りの壺に朱金が入れられ、つづりの木の下にかくまり、「朝日夕かげ」の
 暗号で呼ばれていたそうです。
 千杯入りの壺は、一杯七合五勺入りで、大きな壺であったようです。


2.向原古戦場
 坂之上の向原にも、大金を埋めた言い伝えが残されています。
 むかし、向原で戦がありました。
 ある一族が悲壮な最期を迎える直前に、子孫のために朱と金を大甕に詰めて地中に埋めたそうです。
 埋めた場所を言い表しているといわれる、言葉が伝わっています。

 「朝日影なし夕日のもと、朱三盃、金千升」

 「向原」の地名は、「敵に向かった」ということから名付けられたということです。

※「向原」は、谷山方面から国道225号線を南下し、ドラッグストアー「コスモス」を過ぎた辺りに
 なります。鹿児島交通の「向原」バス停があります。

※ 長尾山と向原、双方に共通するしているのは、近くに篤い尊敬を受けたお寺があったことです。
  長尾山は「皇徳寺」、向原は「清泉寺」。
  あくまで憶測ですが、そこのお坊さんたちが言い伝えたのかもしれません。
 
 
》記事一覧表示

新着順:64/194 《前のページ | 次のページ》
/194