teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


京都府庁で白虎隊の講演

 投稿者:飯沼 一元  投稿日:2011年 9月19日(月)15時35分51秒
返信・引用
  9月18日
京都府庁で白虎隊の講演をしました。
タイトルは
「生き残り白虎隊士の孫が語る“逆境の克服”」
です。
戊辰戦争の敗戦ですべてを失った会津藩が
若手人材の教育機会の提供に注力し、これに応えた
若き会津藩士の話をしました。
その人は、「飯沼貞吉」。
定員80名をオーバーして、100名が集まり、
新聞記者も4社が同席するという関心の高さ
でした。

http://www.uminokai.jp/

 
 

東北大学工学部電子工学科の同期会

 投稿者:飯沼 一元  投稿日:2011年 9月19日(月)12時14分23秒
返信・引用
  9月3日
東北大学工学部電子工学科の同期会が東京青山のNHK青山荘
で開催されました。
この席の冒頭、飯沼が機会を与えられて、
海の会の趣旨説明と支援のお願いをいたしました。
この同期会は毎年一回開催されていますが、遠くは北海道から
駆けつける方もあるほど充実しています。
昭和40年に大学を卒業し、それぞれ、業界で活躍し、定年退職後
も、それぞれ、工夫を凝らした生き方をされています。
各自が、どんな工夫をして生きているのかを紹介しあうところに、
この会の醍醐味があります。
また、約50名の卒業者が70歳近くなって、まだ一人も欠けることなく、
健在であることも、我々の誇りです。
既に、支援者が続々と名乗りを上げていただいていますが、
内定者が決まり、活動が具体化するに際し、一層の支援強化を
お願いしたいところです。

http://www.uminokai.jp/

 

福島民報に記事掲載されました

 投稿者:飯沼 一元  投稿日:2011年 9月 1日(木)11時24分19秒
返信・引用
  8月29日付けの福島民報全県版に、海の会の奨学生募集記事が掲載されました。

これまでに、5件の問合せがきています。
福島は大変ですね。
なんとか支援の輪を広げていきたいものです。

http://www.uminokai.jp/

 

岩手日報に記事掲載

 投稿者:飯沼一元  投稿日:2011年 8月 9日(火)13時32分15秒
返信・引用
  8月5日付けの岩手日報に海の会の記事が掲載されました。
被災地で復興を志す若者が奨学金に応募していただけることを
願っています。

http://www.fan.hi-ho.ne.jp/gary/index2.htm

 

河北新報に記事掲載

 投稿者:飯沼 一元  投稿日:2011年 7月29日(金)08時18分35秒
返信・引用
  7月28日付けの河北新報に海の会の記事が掲載されました。
被災地で復興を志す若者が奨学金に応募していただけることを
願っています。

http://www.uminokai.jp/

 

石巻水産を訪問

 投稿者:飯沼 一元  投稿日:2011年 7月29日(金)08時12分38秒
返信・引用
  7月24日 (株)木の屋石巻水産 木村隆之副社長と面談しました。
  ・大きな工場をもつ鯨の缶詰生産会社で、現地工場はかろうじて2階は残っ
   ているが、このままの復活はとても無理という悲惨な状況でした。地盤沈
   下が1mほどあり、工場の周辺の水路から波の音が聞こえていました
  ・木村さんはこの痛手の中、精悍な顔つきに加え、復興に立ち向かう強い意
   気込みを感じさせる逞しい方でした。
  ・現場と役人の考え方のギャップへの不満、この機会に漁業(生産)と水産
   加工と消費者とのサプライチェーンに新しい考え方を入れないと水産業の
   復興が期待できないという前向きな取り組みへの意欲が入り混じった迫力
   のある1時間半でした
   海の会では同氏が推進している三陸海産再生プロジェクトを支援して
   いくことにしました。

http://www.uminokai.jp/

 

松島での海の会発足会

 投稿者:飯沼 一元  投稿日:2011年 7月29日(金)07時55分13秒
返信・引用
  7月23日宮城県の松島大観荘で海の会発足会をしました。
40年前の東北大学工学部菊池研究室の仲間が集まって、
震災復興に向けて、何ができるかを話し合い、
「海の会」としてささやかな船出をしました。

今後、この小さい試みが大きい輪になって、広がっていくことを
願っています。

http://www.uminokai.jp/

 

レンタル掲示板
/1