teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 地震関連スレ(432)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Stop and rethink conspiracy bill

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月27日(土)13時17分39秒
返信・引用 編集済
  With the Lower House approval this week of the bill to amend the law against organized crime -- which penalizes the acts of plotting and preparing for crimes without actually carrying them out, it is all the more important for political parties, lawmakers and individual citizens to stop and think about concrete concerns raised about the basic points of the legislation and consider whether it is indeed necessary. In this connection, a letter to Prime Minister Shinzo Abe by Joseph Cannataci, United Nations special rapporteur on the right to privacy, should serve as a timely and meaningful warning to all parties concerned.

The Abe administration protested the letter, saying Japan needs to pass the legislation to join a 2000 U.N. treaty aimed at fighting cross-border organized crimes and denied the risk that its provisions would be arbitrarily enforced. Still, it should humbly address the concerns expressed by Cannataci -- that the bill, "also known as the 'anti-conspiracy bill’ … due to its broad scope may, if adopted into law, lead to undue restrictions on the right to privacy and freedom of expression."

Although the government says that the primary purpose of the legislation is to prevent terrorism and organized crimes, its scope is so broad that it could cover crimes that do not seem directly related to terrorism, as Cannataci points out. Among the 277 types of crime covered by the bill are theft of forestry products in reserved forest (the Forest Law); exporting without permission and destruction of important cultural properties (the Cultural Properties Preservation Law) and violations of copyrights (the Copyright Law).

The government argues that the legislation, aimed against organizations such as crime syndicates, in principle will not target "ordinary people." It also denies the risk of abuse by investigation authorities since the legislation requires both "planning" and "preparatory actions" for a crime to trigger investigations. But as Cannataci points out, "the definition of what an 'organized criminal group' is vague and not clearly limited to terrorist organizations."

This ambiguity enables the government to contend that the police can start investigations against groups of people that are not crime organizations, which could include labor unions, citizens’ groups and political parties, if the investigators determine that the purpose of their activities has turned criminal. The decision that the character of these groups has changed is believed to rest with the police, and to make a judgment on the nature of such groups’ activities, investigators will need to keep them under constant surveillance that could infringe on their rights to privacy.

Cannataci’s argument that "there is no sufficient clarification on the specific definition of 'plan’ and 'preparatory actions’ (which is) too vague to clarify the scope of the proscribed conducts" is a valid point. Examples cited as "preparatory actions" include procuring funds and materials, and preliminary inspection of prospective crime sites.

For example, it will be difficult for the police to determine whether a person is withdrawing money from a bank account for private purposes or for criminal purposes. This provision could further increase the temptation by police to intrude on people’s privacy to find out what they are thinking and doing.

Among the list of crimes targeted in the legislation is organized obstruction of business by force, which could increase the possibility of a broad range of groups of people under police surveillance, since an action aimed at halting the construction of unwanted facilities, including a military base, could constitute a crime.

An example cited by lawyers opposing the legislation is enlightening about the danger it poses to the legitimate activities of ordinary citizens: Two citizens talk about a plan to carry out a sit-in in front of the gate of a U.S. military base construction site. One of them buys a mat for the sit-in, but the sit-in is canceled because a typhoon is coming. Although the two do not commit the crime of organizational obstruction of business by force, they could be arrested on suspicion that they planned and prepared for the act. The inclusion of the crime in the legislation can pave the way for police abuse of it as a legal tool to intimidate citizens’ groups by arresting their members.

Japan already has legal provisions to penalize persons who engaged in preparations for a range of grave crimes such as murder, treason, arson, burglary, kidnapping and forgery of money. If the government indeed is seeking to tighten measures to prevent terrorism and organized crimes, these provisions can be tightened and expanded. The ruling coalition should once again weigh the concern that people’s basic rights can be threatened by the proposed legislation.

http://www.japantimes.co.jp/opinion/2017/05/26/editorials/stop-rethink-conspiracy-bill/

 
 

【ニッポンの新常識】民進党や共産党は日本を「テロ対策後進国」にしておきたいのか 「テロ等準備罪」法案とパレルモ条約締約の必要性

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月27日(土)11時14分45秒
返信・引用
   英中部マンチェスターのコンサート会場で22日夜(日本時間23日午前)、自爆テロ事件が発生し、女児を含む22人が死亡し、59人が負傷した。犠牲となった方々と、ご遺族に心からの哀悼の意を表するとともに、けがをされた方々にお見舞いを申し上げたい。

 ここ数年、英国をはじめ、フランスやドイツ、ベルギーなど欧州各地でテロ事件が相次いでいる。今回の事件の詳細はいまだ不明だが、2001年9月11日の米国同時多発テロ(9・11)のように、国際テロ組織「アルカーイダ」や、過激組織IS(自称イスラム国)のような、国際的犯罪組織が関与した可能性は十分ある。

 通称「パレルモ条約」(正式名称『国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約』)は、組織的テロや人身売買、武器の密輸などを行う国際的犯罪組織の撲滅を目指した国際条約だ。この条約は9・11直後の11月15日、人身取引、密入国、銃器に関する3つの議定書とともに国連総会で採択された。

 日本は02年12月までに、これらの条約に署名した。だが、正式締約の前に、締約国は「重大な犯罪を行うことの合意(=共謀)」「犯罪収益の洗浄(=資金洗浄、マネー・ロンダリング)」「司法妨害」などを犯罪とする国内法を定め、「犯罪収益の没収」「犯罪人引き渡し」などについて、法整備と国際協力を行う義務を負っている。

 その義務を履行すべく本国会に提出されたのが、「テロ等準備罪」の新設に向けた組織犯罪処罰法改正案である。

 パレルモ条約を結ばないと、日本は国際的犯罪集団の情報について、他国と綿密なやり取りができない。日本が有益な情報を得られないデメリット以上に、国際的犯罪組織にとって日本が「抜け穴」になることが大問題なのだ。

 世界187の国と地域が締約したなか、G20唯一の未締約国である日本は、国際社会に迷惑をかけている。南スーダン、ソマリア、コンゴ、イランなど、日本を含む11カ国だけが未締約国である。民進党や共産党などは、日本を「テロ対策後進国」にしておきたいのか。

 東京新聞は24日朝刊に「共謀罪の対象となる277の罪」という一覧を掲げていた。対象が広すぎると言いたいらしい。私は277の犯罪内容を一通り見たが、犯罪の意思を持たない一般市民は同法案が成立しても何の不都合もないはずだ。

 同法案に反対するメディアは、公安監視対象団体に所属する愛読者や視聴者のご意向でも忖度(そんたく)したのか。

 ある民進党議員は、テロ等準備罪が成立したら本気で国外亡命を考えるとツイートしていた。彼が本当に亡命するようなら、それは日本の未来に貢献する善行だと思うので、ぜひ餞別(せんべつ)を贈りたい。

英マンチェスターのテロ現場には、慰霊の花束やキャンドルが捧げられていた

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170527/dms1705271000004-n1.htm

 

【韓国新政権】 慰安婦問題「人権」前面に蒸し返し 日韓合意再交渉を検討

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月26日(金)06時54分0秒
返信・引用
  韓国の文在寅政権が、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意の再交渉を検討している。聯合ニュースによると、大統領府の金基正国家安保室第2次長は24日、合意の再交渉について「今は政策の検討期間だ」とし、「人権や普遍的な価値の観点から検討しなければならない」と述べた。

 金氏は、外相に指名された康京和前国連事務総長特別顧問に言及し、「人権の専門家であり、そのような観点から慰安婦問題に関する検討と、良い案を出せる」とも語り、「人権」を前提にした問題解決を康氏に期待した。

 康氏は25日、韓国に帰国し、日韓合意について「もっと勉強が必要だ」と述べるにとどまった。一方で、合意に反対する元慰安婦らには、機会があれば面会したいとの意向を示した。

 政府間の合意であるのに、文在寅政権が日韓合意の再交渉の検討を言明した背景には、国連の拷問禁止委員会が合意の見直しを韓国政府に勧告したことがありそうだ。文在寅大統領は就任前から、合意の再交渉の意向を見せており、勧告が日本に再交渉を求める口実となる可能性もある。

 日本政府は同委の勧告に対し「日韓両政府は合意が『最終的かつ不可逆的』であることを確認している」と反論、合意を当時の潘基文国連事務総長らも評価したことを指摘した。韓国政府は「日本側の意見についても検討中」としている。

 しかし、元慰安婦の女性らを支援する韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は、日本政府の反論を「国際社会の一員としての資格がないことを露呈するもので、強く糾弾する」と非難。一方で、「韓国政府は拷問禁止委の勧告をどう履行し、日本の反論にどう対処するのか明確にすべきだ」と主張している。

 日韓合意を受け、日本政府は10億円を拠出し、合意当時生存していた7割以上の元慰安婦が現金を受け取っている。にもかかわらず、「人権」を前面に出し、韓国がまた慰安婦問題を蒸し返す可能性がちらつき始めている。

国家安保室第2次長への任命に先立ち、会議に出席した金基正・延世大教授=24日、ソウル

http://www.sankei.com/world/news/170525/wor1705250036-n1.html

 

Govt protests U.N. report on comfort women deal

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月24日(水)17時35分21秒
返信・引用
  The Yomiuri Shimbun

The Japanese government released Monday a document to counter a U.N. Committee against Torture (CAT) report that recommended reviewing the deal between Japan and South Korea over the comfort women issue.

It claims in the document that both the Japanese and South Korean governments confirmed the issue was resolved "finally and irreversibly."

It submitted the document to the Office of the U.N. High Commissioner for Human Rights (OHCHR), which acts as a secretariat for the committee.

In the document, the government lodged a protest against CAT, which described comfort women as being involved in "sexual slavery" in its report, and states "the expression 'sexual slavery' contradicts the facts and is therefore inappropriate." It also said in the document that the deal between the two countries has been welcomed by the international community, including then U.N. Secretary General Ban Ki Moon.

The document was posted on the OHCHR website on Monday.

http://the-japan-news.com/news/article/0003716275

 

日本メディア「外相候補の康氏、慰安婦問題で先頭に立つ」

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月23日(火)07時21分33秒
返信・引用
   日本の主要メディアは22日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が外交部長官(外相)候補に指名した康京和(カン・ギョンファ)国連事務総長特別補佐官(62)について「慰安婦問題をめぐる韓日合意の再交渉の先頭に立つだろう」との見方を示した。

 読売新聞は同日「女性の外交部長官が誕生すれば、韓国憲政史上初となる」とした上で、文大統領が選挙戦の公約で韓日慰安婦合意の再交渉を掲げていたことに言及し、康京和氏が再交渉の先頭に立つとの見通しを示した。

 日本経済新聞も、康京和氏について「かつてインタビューで、国連勤務を希望した理由として、慰安婦関連の業務に従事した経験をアピールした。韓日間の懸案として残っている慰安婦問題について、韓国の原則的立場を主張する可能性が高い」との見方を示した。

 康京和氏は国連で韓国人女性としては最高位の職を歴任した人物だ。

 康氏は1955年、ソウルで生まれ、梨花女子高、延世大学政治外交学科を卒業し、米国マサチューセッツ大学コミュニケーション学科の博士学位を取得。外交通商部(省に相当)長官補佐官(1999-2000年)、駐国連韓国代表部公使参事官(2001-05年)、外交通商部国際機構局長(05年)を歴任した。

 康氏は06年、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の副高等弁務官を務めたのを皮切りに国連で活動し、13年からは国連人道問題調整事務所(OCHA)事務次官補などを歴任した。昨年10月には第9代国連事務総長に就任したアントニオ・グテーレス氏の引き継ぎチーム長を務め、今年1月にはグテーレス国連事務総長の政策特補に任命された。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/22/2017052202850.html

 

政府、慰安婦合意見直し勧告の国連委に反論

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月23日(火)07時17分30秒
返信・引用
   日本政府は22日、慰安婦問題を巡る日韓合意の見直しを勧告した国連の拷問禁止委員会に対し、「日韓両政府は合意が『最終的かつ不可逆』であることを確認している」と反論する文書を公開した。

 反論文書は委員会の報告書が慰安婦を「性奴隷」と位置づけたことについて、「事実に反して不適切」と抗議したうえで、日韓合意は当時の潘基文パンギムン国連事務総長らも評価していたなどと指摘した。日本政府は文書を委員会の事務を担う国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)に提出。22日に同事務所のホームページに掲載された。

 拷問禁止委員会の報告書は12日に公表された。慰安婦を「第2次世界大戦中の性奴隷制度の犠牲者」と断定し、日韓合意について「被害者に対する名誉回復」が不十分と批判している。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170522-OYT1T50109.html

 

【沖縄返還45周年】 「差別されているとは絶対に言いたくない」「独立は非現実的、常識ある沖縄になって」 我喜屋優・興南高野球部監督が語る

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月22日(月)18時56分7秒
返信・引用
   沖縄の本土復帰(昭和47年)から45年がたった。かつて米統治下に甲子園の土を踏み、7年前に監督として興南高校(那覇市)野球部を沖縄県勢初の甲子園春夏連覇に導いた我喜屋優氏(66)=興南学園理事長、興南中・高校長=が、祖国復帰への喜びや沖縄の課題などを語った

「沖縄がひとつになった」

 私が初めて内地に渡ったのは昭和41年夏、興南高が甲子園に初出場したとき。1年生で選手ではなく手伝い要員でした。パスポートをつくりB円(軍票貨幣)を円に替え、海を越えて汽車に乗る。全て初めての経験でした。遠い遠い甲子園でした。試合は1回戦で負けましたが、みんなが「沖縄、沖縄」「チバレヨー」と応援してくれました。

 43年夏。3年生のときに主将として4番として甲子園に立ちました。ベスト4に進出しました。沖縄では大騒ぎです。沖縄のチームは「判官びいき」で声援を受けてきましたが、本土の学校と実力で肩を並べたと実感しました。甲子園から本土と沖縄の交流が始まり、僕らの活躍で本土復帰がぐっと近づきました。

 甲子園で新聞記者の質問は奇妙でした。「日の丸を見てどう思うか」「英語で勉強しているのか」…。日の丸は幼い頃から正月に家で掲げていました。沖縄は日本国の一部で、日本人という意識で生活をしていました。

 「日の丸はいつも掲げています」「教科書は日本語です」と答えましたが「外国人扱いされている」「沖縄のことが理解されていない」と感じました。

 高校卒業後、本土に渡り野球を続けました。本土復帰の47年5月15日、大昭和製紙北海道に在籍し、会社でお祝いをしてもらいました。気持ちは常に日本人でしたが、祖国復帰実現の喜びをかみしめました。

 沖縄に戻り、母校の監督として甲子園での春夏連覇を達成できました。沖縄県勢の夏の優勝、春夏制覇は初めてで「沖縄がひとつになった」と実感しました。

「地元の新聞記事は目を背けたくなる」

 本土復帰から45年。沖縄が本土の模範にならなければいけないと思い続け、今もそれが目標です。小さいことにこだわりません。「差別されている」とは絶対に言いたくありません。

 生徒には内地でリーダーになれるよう指導しています。井の中の蛙にならず、人生のスコアボードの勝者になれ、日本そして世界で花を咲かせよう-と。

 沖縄の現状に違和感を抱いています。沖縄には礼儀を重んじる空気が昔からあり、おじい、おばあが生き字引としてああだこうだと教えてくれました。その伝統が失われつつあります。何でも反対するのもいいが本土と切り離されていた元の沖縄に戻ってしまう。子供たちが本土に渡ったとき「沖縄って何やっているの」と言われます。

 夏の高校野球沖縄県大会開会式の国旗掲揚は、ほとんどの人が起立しません。日の丸を「俺は反対だ、嫌だ」と言う。スタンドで起立するのは私と興南の生徒、関係者だけです。

 地元の新聞(琉球新報、沖縄タイムス)の記事は目を背けたくなります。基地問題で反対運動をする人たちも相手をののしったり、警察官の人権を無視したり…。そこまでやってほしくない。地元紙は一方的なことしか書かない。それこそ沖縄の人間はそうなんだと見られてしまいます。

 生徒には「平等性、公平性をもって判断しなさい」と指導しています。子供は多種多様な事象に触れて大人になっていきます。「新聞も全国紙がネットで一瞬のうちに読めるから、どうとらえているのか考えなさい」と言っています。創造性、独創性を身に付けさせることが大事です。

辺野古移設、決まったこと

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)辺野古移設問題は、気持ちはいろいろありましょうが、決まったことには従わなければいけません。「世界にはルールがいっぱいある。それに従うことが必要だ」とも指導しています。日本、世界で通用する人に育てるためです。最も嫌なのは「決まっても従わないのが沖縄の人」と言われることです。

 県内から「独立」「自己決定権」なる言葉も聞こえてきますが、非現実的です。「常識ある沖縄」「さわやかな沖縄」になってほしい。子供たちが地元紙のプロパガンダ的主張に洗脳されることが怖い。多様な考え方を咀嚼して答えを導き出すことが、沖縄の人に求められていることです。

 沖縄にはポテンシャルがあります。本土と沖縄のいいところを認め合い、「互助の精神」を持つことでスポーツはもとより観光や経済はさらに良くなります。



■我喜屋優(がきや・まさる)
 昭和25年、沖縄県玉城村生まれ。43年、夏の甲子園大会に興南高野球部主将、中堅手として出場しベスト4。卒業後、大昭和製紙富士から大昭和製紙北海道へ。平成元年、大昭和製紙北海道の野球部監督に就任。19年春から興南高監督となり、同年夏、24年ぶりに甲子園出場。22年、沖縄県勢として初の春夏連覇を果たした。同年7月から学校法人・興南学園理事長に就任。23年4月に興南中学・高校の校長も兼務。

http://www.sankei.com/politics/news/170522/plt1705220014-n1.html

 

【「慰安婦」日韓合意】 韓国の反対世論、日本側から「理解すると受け取れる言葉」と韓国特使

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月20日(土)18時39分11秒
返信・引用
  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪日していた与党「共に民主党」の重鎮議員、文喜相(ムン・ヒサン)氏は20日、慰安婦問題をめぐる日韓合意を「韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられないと明確に伝えた」とし、日本側から「その趣旨を理解すると受け取れる言葉を聞いた」と述べた。

 帰国に際し、韓国の金浦(キムポ)空港で記者団の質問に答えたもので、文氏は慰安婦問題を「未来志向的に賢く克服することで合意した」とも語った。また、日韓合意の破棄には言及しなかったと述べた。

 一方、聯合ニュースによると、特使団の一員だった同党の尹昊重(ユン・ホジュン)議員は、同日までのラジオの電話インタビューで、「前政権が結んだ約束を一方的に破棄するのは、正常な国家では難しい」と述べた。その半面、文大統領の意向は再交渉であるとの考えを示した。

18日、文喜相・韓国大統領特使団長(左)から親書を受け取り、握手する安倍晋三首相=首相官邸

http://www.sankei.com/world/news/170520/wor1705200046-n1.html

 

日韓合意見直しに片山氏激怒「第三者がひっくり返すなどとんでもないこと」 韓国政府の“心変わり”危惧

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月20日(土)18時35分35秒
返信・引用
   国連の“裏の顔”が明らかになった。人権条約に基づく国連の拷問禁止委員会が12日、慰安婦問題に関する日韓合意について見直しを勧告する報告書を発表したのだ。同合意は2015年12月、「最終かつ不可逆的に解決」として結ばれ、韓国出身で、当時の潘基文(バン・ギムン)国連事務総長も歓迎している。自民党政調会長代理を務める片山さつき参院議員が、理不尽極まる勧告の背景に迫った。

 「日韓合意は、両国が合法的に結んだもので、国際社会でも高く評価されています。それを第三者がひっくり返そうとするなど、わが国にとっても国際社会にとっても、100%とんでもないことです」

 片山氏はこう言い切った。

 日韓合意に基づき、日本はすでに10億円の「解決金」を支払うなど、義務を果たしている。今年3月に行われた日米外相会談でも、レックス・ティラーソン国務長官から理解と支持を得た。

 一方、ウィーン条約に違反して、ソウルの日本大使館前や、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像を放置しているのは韓国側である。

 そんななか、勧告を出した拷問禁止委員会とは何なのか。

 世界人権宣言が1948年に採択されたことを受け、国連ではさまざまな人権条約が策定され、委員会が設置された。その委員は個人的な資格で選任され、国を代表するものではない。拷問禁止委員会もその1つで、菅義偉官房長官は15日の記者会見で「(委員会の勧告は)日本政府に対する法的拘束力はまったくない」と述べている。

 ただ、片山氏は「予断は許されない」といい、続けた。

 「韓国政府が合意を見直そうとしてくる危険性はゼロではないでしょう。そもそも、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は選挙戦で『日韓合意の見直し』を掲げていたうえ、安倍晋三首相との電話会談で、合意について『国民の大多数が心情的に受け入れることができない』と語っている。これで韓国政府が日韓合意を反故(ほご)にしようとするなら、国際社会から『信用できない国』『国際条約を結べない国』になるでしょう」

 そもそも、拷問禁止委員会は、韓国・聯合ニュースが「人権原理主義者と称してもかまわないほど、世界的にリベラルな機構」という国連勤務経験者の言葉を引用するほど、政治的偏りがある。

 片山氏は「この問題はさっそく、私が委員長代行を務める自民党国際情勢検討委員会で取り上げたい。こうした組織の勧告が国際的に影響を与えるようなことになるのなら、日本政府としてはさらに強く、国際社会にわが国の立場を訴えるべきだ。われわれはそれをサポートしたい。それが責任与党の責務だ」と語っている。

スイス・ジュネーブの国連欧州本部。片山氏は、その闇に切り込んだ



http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170518/plt1705181700002-n1.htm

 

新大統領の下で韓国はどうなるのか 特権階級とのしがらみない文氏、国民に対北の緊張感なく…

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 5月20日(土)18時28分21秒
返信・引用 編集済
   文在寅(ムン・ジェイン)氏が10日、第19代韓国大統領に就任した。

>【ケント・ギルバート】韓国新政権の謎!「韓国人がなぜ、この人物を選んだのか」を知りたくてソウルに行ってきた!⇒ そこで知った内容がとんでもなかった!!!


 文氏は選挙中、慰安婦問題の「日韓合意を見直す」と主張していることが、日本の新聞やテレビで大きく取り上げられた。だが、就任演説ではこの件に言及しなかった。また、「親北」路線を主張していたので、北朝鮮への急接近が懸念されると日本では報じられた。

 そこで、「韓国人がなぜ、この人物を選んだのか」「現在のソウルはどのような状態なのか」を知りたくて、1泊2日でソウルに行ってきた。

 私が会った韓国人が文氏を選んだ動機は「反日」や「親北」だからではなく、国の立て直しへの期待からだという。特権階級とのしがらみがない文氏は、財閥偏重の韓国経済を大改革する意志と能力があると判断された。特に、若者の過酷な雇用環境改善に積極的に取り組む姿勢が支持された。

 また、文氏の波瀾(はらん)万丈の半生が、国民の心を打ったようだ。学生運動家が人権専門の弁護士となり、政治家を志したという道のりが、「若い世代が支持できる穏健で理性的な指導者」というイメージに繋がった。文陣営は選挙中、それを大々的にアピールした。

 当選直後、文氏の一家が自宅前で記者団に応対した写真が残っているが、私もその場所を訪れてみた。文氏は13日に青瓦台(大統領府)に移ったが、まだ引っ越し作業が続いていた。

 分譲マンションだが、場所は決して便利といえない山の上で、道も狭く、建物自体も決して豪華ではない。築16年というが、もっと古く見えた。部屋もあまり広くない。以前から一般市民と同じような生活を送っていたことが、特権階級ではなく一般市民への関心を象徴していた。

 文氏は選挙中から、準備が完了すれば青瓦台を一般公開し、文氏と家族は近くの職員用宿舎のような場所に移り住むと語っていたという。

 昨年12月3日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を求める「ろうそくデモ」に、ソウルだけで170万人、全国併せて230万人が参加した。ソウルの現場も見に行ったが、大騒ぎの形跡はまったくなく、以前の状態に戻っていた。

 町中が静まり返って、市民は普通に仕事に励んでいた。町中に「ムン・ジェイン新大統領おめでとうございます」との横断幕が道の上に掲げられている。大半の市民はホッとしているようだ。現在は蜜月状態だろう。

 気になったことは、ソウルでは北朝鮮の脅威に対する緊張感がまったく感じられなかったことだ。これを「平和ボケ」と決めつけることは簡単だが、常に恐怖とともに暮らしている場合の対応策の1つでもあるだろう。

ギルバート氏は、文大統領の自宅前を訪れた=ソウル

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170520/dms1705201000006-n1.htm

 

レンタル掲示板
/953