teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 地震関連スレ(550)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


高句麗の王子まつる高麗神社に天皇・皇后が初訪問

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月21日(木)20時17分28秒
返信・引用
   20日昼12時、明仁天皇と美智子皇后が、歴代の天皇では初めて埼玉県日高市の高麗(こま)神社を訪問した。1300年前に日本に渡った高句麗の王子「高若光」(日本名:高麗若光〈こまのじゃっこう〉)をまつっている。

 明仁天皇訪問のニュースを聞き、歓迎する人々が朝から約2000人集まったことから、地元の駅と同神社を結ぶ1.7キロメートルの道は大変な混雑になった。60-70代の人々が参道沿いに小さな折り畳みいすやマットを広げて座り、明仁天皇を待っていた。日本の宮内庁は明仁天皇の高麗神社訪問について「公務ではなく私的な旅行」と説明している。明仁天皇は1年のうち250-270日公務を行うため、私的な旅行を楽しむ機会は1年に1・2回だ。高麗神社への旅は明仁天皇の意思や希望を反映して決定されたという。

 明仁天皇は日ごろから日本の過去について心から申し訳ないと考えて、韓日古代交流史にも関心が高いと言われている。2001年には「桓武天皇の生母が百済の王族だったと記されている」と発言して話題になった。05年には、太平洋戦争で戦地となった東南アジア諸国や南太平洋の島を訪れた際、朝鮮人犠牲者の慰霊碑をわざわざ訪れて黙とうしている。

 明仁天皇と美智子皇后は同日、高句麗の王子から60代目となる高麗文康宮司(50)の案内で境内を見て回った。高麗文康宮司は「両陛下とも朝鮮半島から文明がやって来た過程に深い関心を持っていらっしゃると聞いていたが、実際に、高句麗人と百済人はどう違うのかなどいろいろと質問を受けたので、知っていることをお答えした」と語った。

 日本で高麗神社は「出世明神」としても有名だ。斉藤実(1858-1936年)ら歴代首相6人がここに来て参拝後、首相になったという話もある。だが、ある住民は「それでも今日のように、一度に多くの人々が集まったことはない」と教えてくれた。

 皇室を20年間取材している毎日新聞の大久保和夫記者は、明仁天皇について「日本国民が『心温かい』と感じ、敬愛している方だ。日ごろから『韓中の文化が伝わってきて今日の日本になった』と考えていらっしゃると聞いている。今回の訪問をきっかけに、韓国についてよく知らなかった一般の人々も関心を持つようになるだろう」と語った。

 同日午後4時に明仁天皇一行が高麗神社を出ると、神社の外でずっと待っていた人々もそれぞれ帰り始めた。その中にいたキモトマユミさんは「高句麗人をまつった神社を訪れた意味をいろいろと考えてみたが、『近い国・韓国とはやはり共に行くべきだ』という意味ではないかと思った」と言った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/21/2017092101252.html

 
 

天皇と皇后、高麗神社に初参拝

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月20日(水)18時36分1秒
返信・引用 編集済
   明仁天皇=写真=と美智子皇后が20日、埼玉県日高市にある高麗(こま)神社を参拝することが分かった。高麗神社は高句麗滅亡後、日本に定着した流民(日本では渡来人)たちが高句麗最後の王「宝蔵王」の息子「高若光」(日本名:高麗若光〈こまのじゃっこう〉)を迎えるため建てた。天皇と皇后が高麗神社を参拝するのは初めてだ。


 読売新聞などによると、天皇と皇后は20日から1泊2日で埼玉県を旅行し、日高市の高麗神社を訪れる予定だという。宮内庁は「私的旅行」と言っているだけで、訪問の背景などは明らかにしていない。

 天皇と皇后が来年の退位を前に、日本国内にある韓半島(朝鮮半島)を象徴する高麗神社を訪問することは、反省と和解のメッセージを送るためではないかという解釈もある。

 高句麗滅亡後、日本に亡命した高若光は716年に流民たちを集めて高麗郡を設置した。日高市一帯は19世紀末まで高麗郷、いわゆる「高句麗村」と呼ばれていた。近くには「高麗」という言葉が地名・姓・地元企業名などで残っている。

 日本最古の神社の1つである高麗神社は、1300年間にわたり高句麗の流民たちが「韓民族の末裔(まつえい)」として中心的な役割をしてきた。昨年、在日韓国人らが800万円を集めて神社の入り口に高句麗の象徴「三足烏」が刻まれた「高麗郡創設1300周年記念碑」を建てた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/20/2017092000962.html

 

【社説】ウィーン条約違反行為、韓国にとって何の得になるのか

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月20日(水)18時31分27秒
返信・引用
   全国民主労働組合総連盟(以下、民労総)が「釜山の日本領事館前に強制徴用労働者像を建てる」として、100日間のデモを開始した。昨年末、同所に建てられた慰安婦を象徴する少女像のすぐ隣だ。民労総は「親日・親米の冷戦積弊(長年の弊害)のせいで、強制徴用労働者問題は70年以上にわたり知られていない」という理由を挙げた。

 かつての盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は「韓日間には解決されていない過去の問題が3つある」と発表した。その3つとは慰安婦問題・サハリンに残っている韓国系住民の問題・韓国人被爆者問題のことだ。強制徴用問題は韓日請求権協定と政府補償で解決したと考えていたということだ。つまり、民労総が言う「親日の冷戦積弊」には盧武鉉政権も含まれていることになる。

 現在、韓国国内ではソウル・竜山駅と仁川市富平区に強制徴用労働者像が既に建てられている。日本による植民地支配時代の徴用被害者が「日本政府や企業から十分な補償を受け取っていない」として問題提起することはあり得ることだろう。しかし、外国公館の前にこのような像を建てるのは別の問題だ。韓国も加入している「外交関係に関するウィーン条約」ではこうした行為を禁止している。韓国ではデモ隊が法を無視することがあるかもしれないが、国際社会ではそうは行かない。「韓国は外国公館の安寧と品位を守ってくれない国」という世界の見方が、韓国にとって何の得になるのか疑問だ。安倍首相は昨年、釜山の日本領事館前に少女像が建てられた時、大使と釜山総領事を呼び戻して国内政治に利用した。この時、普通の日本人たちまでが韓国に対して嫌悪感を抱き、その余波は今もまったく鎮まっていない。

 そうして今、極端な考え方を持つ労働組合までこの問題を利用しようと乗り出してくれば、状況はさらに悪化する可能性がある。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大統領就任前の昨年12月、日本領事館前の少女像を撤去した釜山区庁に対して「親日行為だ」と非難した。大統領になった後もその認識を変えていないなら、民労総は徴用労働者像を建てることに成功してしまうだろう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/20/2017092000943.html

 

Abe's partisan quest for a snap election

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月20日(水)07時06分2秒
返信・引用
  Prime Minister Shinzo Abe's reported plan to dissolve the Lower House for a snap general election as early as next month is clearly driven by partisan interests to maximum the wins for his ruling coalition by holding the race while the opposition parties remain unprepared. It might be argued that's exactly what a prime minister is allowed to do with his "exclusive" right to dissolve the lower chamber at the timing of his choice. Still, Abe needs to make clear to voters for what he would be seeking a fresh mandate by holding yet another snap election now -- a time when North Korea's repeated provocations of ballistic missile and nuclear weapons tests demand an uninterrupted government response.

For Abe, it may be the right time to go to the polls. Popular approval ratings of his administration, which plummeted to its record lows in early summer due to a series of scandals that hit his government and the Liberal Democratic Party, have been picking up again after he reshuffled his Cabinet in August. The top opposition Democratic Party, under its new chief Seiji Maehara, is in a mess with a continuing exodus of its lawmakers and sluggish popular support. Tokyo Gov. Yuriko Koike's drive to take her own fledgling political force into national politics, after its landslide in the Tokyo Metropolitan Assembly race in July battered the LDP into devastating losses, may have little time to field enough candidates to pose a serious threat to Abe's coalition in the Diet.

By dissolving the Lower House at the beginning of an extraordinary Diet session to open Sept. 28 -- as he is widely reported to be contemplating -- Abe can also forestall attempts by the opposition to grill his administration further over the scandals, including the Kake Gakuen case, in which a school operator headed by his close friend was chosen under the government's deregulatory project to open the first veterinary science department at a university in more than 50 years, raising allegations of favoritism. Criticism that Abe is trying to dodge these issues may fly in the face of political calculations that the chances of his coalition would be better by holding the election sooner rather than later.

Since re-taking the helm of government in 2012, Abe has solidified his hold on power through a series of landslide wins in key elections. In 2014, he returned the LDP-Komeito coalition to a two-thirds majority in a snap election that apparently caught the opposition off guard. The prime minister may know from experience when it's best to use his prerogative to hold the snap poll.

His unbroken record of election wins was broken when the LDP suffered the humiliating loss to Koike's Tomin First no Kai (Tokyoites First) in the July race. While the Democratic Party remains unable to achieve any significant recovery in voter support, the popular governor's anticipated move to try to replicate her success in Tokyo at the national level poses a serious challenge to the ruling coalition's hold on a Diet majority. Following reports of Abe's plans, Masaru Wakasa, a close Koike aide, and Goshi Hosono, who quit the DP last month, reportedly agreed to create a new party before the Diet session is convened, with several other former DP lawmakers who left the party in recent months also reportedly planning to join. However, the new party will have to enter the campaign fairly unprepared if the election is going to take place in late October.

If an election is held, the ruling coalition would risk losing its two-thirds majority in the Lower House -- which, together with the supermajority it holds in the Upper House along with its political allies, will be essential for Abe's bid to initiate an amendment to the Constitution for approval in a national referendum. It was earlier reported that many of the LDP's junior lawmakers elected in the 2012 and 2014 races may be particularly vulnerable. Popular support for the administration is not yet back to the more robust levels it enjoyed just several months ago. Still, the prime minister may be counting on minimizing the party's losses by holding the election while the opposition is unprepared.

The question is what will be the cause for Abe to hold the snap election now -- on what issues he would be seeking a fresh voter mandate. Just last month, Abe said he would again focus on reviving the economy. Does he need the hold the election to do that? If Abe remains committed to seeking to change the Constitution while he is in office, he would also need to make that clear in the campaign -- so that voters can pass their judgment on that bid.

https://www.japantimes.co.jp/opinion/2017/09/19/editorials/abes-partisan-quest-snap-election/

 

S. Korean civic group plans new drafted worker statue in Bus

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月19日(火)20時07分36秒
返信・引用
 
A model of the statue of a drafted worker taken to Japan from the Korean Peninsula during World War II is put on public display during a rally in front of the Japanese consulate-general in Busan, South Korea, on Sept. 18. (Provided by the Korean Confederation of Trade Unions Busan headquarters).

SEOUL -- In yet another move to embarrass Japan over its wartime past, a South Korean citizens group on Sept. 18 unveiled a model of a drafted laborer statue to stand alongside a controversial "comfort woman" statue in front of the Japanese consulate-general in Busan.

At a rally the group staged at the site that day, it announced plans to install the new statue on May 1, 2018, to coincide with May Day.

Tokyo objects to the plan, and has asked Seoul through diplomatic channels to take appropriate measures against it, saying that erecting the statue would contravene the Vienna Convention on Diplomatic Relations.

The drafted laborer statue symbolizes those who were taken to Japan from the Korean Peninsula during World War II during colonial rule. The "comfort woman" statue represented those who were forced to provide sex to wartime Japanese soldiers.

Members of the civic group are scheduled to take turns to conduct a one-man demonstration in front of the consulate-general to make a public appeal for the statue's installation for 100 days from Sept. 18, the group said during the rally.

The group, which was established by the Korean Confederation of Trade Unions and other organizations, also said it will start collecting money from citizens in Busan to pay for the installation.

The Dong district government of Busan, a port city in the country's south, under which the jurisdiction of the road in question falls, in December 2016 objected to the statue in memory of comfort women, but dropped its opposition after a public uproar arose.

Another civic group also previously announced plans to erect a statue of a drafted worker in front of the Japanese consulate-general on Jeju Island.

http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201709190030.html

 

慰安婦:順天大教授「その気があったから付いていった」

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月19日(火)18時40分20秒
返信・引用
   国立順天大学(全羅南道順天市)のある教授が授業中に元従軍慰安婦の女性をさげすむ発言をしたという録音記録が公開され、批判が起こっている。

 17日に総合編成チャンネルJTBCが公開した録音によると、順天大学のA教授は今年4月の授業中に元従軍慰安婦の女性たちについて「私が思うに、女性たちはかなり知っていて行っただろう。オーケー? 日本に狂った、その連れて行かれた女性たちも、もともとみんなその気があるから付いていったんだ」と言った。

 また、A教授が学生らに対しても何度もセクハラ(性的嫌がらせ)や人格を冒涜(ぼうとく)するような発言をしている様子も録音されていた。

 A教授の発言が問題になったことから、大学側は該当学科から報告を受け、先週から真相解明のための調査に着手した。A教授は今年度2学期から授業を外されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/19/2017091900589.html

 

Grading Abe's flailing leadership and policy drift

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月17日(日)22時42分51秒
返信・引用
 
Could do better: Prime Minister Shinzo Abe and his wife, Akie, visit Gandhi Ashram in Ahmedabad, India, on Wednesday.

As this is my penultimate Counterpoint column, it's time to give Prime Minister Shinzo Abe a report card for his nearly five years in office. Overall, I give him a D+ because he has not been a total failure and he shows up for work. But he also has not delivered on most of his promises and pledges, and, as I've detailed in previous columns, has been a disaster on transparency, governance, "womenomics," hatemongering, immigration, press freedom, nuclear energy and historical issues.

For most sentient beings in Japan, Abenomics is a bust. There are many good reasons why 83 percent of the public doesn't trust Abe, and even his crack team of spin doctors is finding it harder and harder to bamboozle the Japanese about the empty suit parading as a leader.

Abe's stealthy revision of the Constitution by reinterpretation adds perspective to Finance Minister Taro Aso's praise for how the Nazis furtively revised theirs in the 1930s. Retaining Aso after two pro-Nazi gaffes -- most recently giving a shout-out to Adolf Hitler for his good intentions -- is despicable. Standing by Defense Minister Tomomi Inada way after it was obvious she had to go and protecting her from Diet scrutiny for her role in a cover-up is also inexcusable.

It is equally striking that for a leader who has faced a weak, divided opposition and has enjoyed a commanding majority in both houses of the Diet, Abe has accomplished astonishingly little on many of the key challenges facing Japan. Abe, Japan's most ideological post-World War II premier, has instead spent considerable energy on rewriting history and trying to revise the Constitution. He hides behind Abenomics, but overturning the postwar order is what gets him and his base fired up.

Abenomics gets a gentleman's C-. It has been a wonderful branding strategy, helping reboot Abe's political career after he self-destructed in 2007, but he has not delivered on what was promised, and promised again and again. Deflation persists, wages are stagnant, bonuses actually fell this past year, households are not feeling the love and nonregular jobs remain at a historic high despite a tight labor market.

The nearly 10 million working poor -- those earning less than ¥2 million a year -- weigh down consumption and thus fuel deflation. Abe's advisers believed that deflation was a primarily a psychological problem that could be rectified by convincing consumers that prices would rise so they'd better buy now, but the real problem is low disposable income for too many people with thin wallets.

Firms' profits have soared, helped considerably by the devaluation of the yen caused by massive quantitative easing, but their reluctance to raise wages or shift nonregular employees into full-time jobs suggest that corporate Japan is wary about the sustainability of Abenomics. Why shouldn't it be, given that Bank of Japan Gov. Haruhiko Kuroda recently said as much?

Hedge fund managers crow about Abenomics because it has boosted share values by rigging the stock market -- pumped up by massive buying by the Bank of Japan and mandated purchases by the national pension fund -- but these gains have not trickled down to very many Japanese. I spend a lot of time in rural Japan and ask people about the benefits of Abenomics, and the reaction is usually a rueful smile suggesting "What are you dreaming?" Abenomics boils down to "welfare for the wealthy" because it has helped those who don't really need any while bypassing those in need.

The ostensible reason for juicing the economy with the steroids of quantitative easing and fiscal stimulus was to facilitate structural reforms, but in doing so the pressure on firms to enact such reforms was reduced, and Abe has provided little leadership on promoting them. The first two arrows of monetary easing and fiscal stimulus faced no organized opposition and benefit powerful interests, but structural reforms have been vanishingly small and watered down to ensure minimal impact. This is because Abe's Liberal Democratic Party represents the vested interests that would stand to lose from deregulation and other structural reforms. By keeping the third arrow of structural reforms in his quiver, Abe has ensured that Abenomics won't put the economy on a sustainable growth trajectory.

At a recent conference of the European Association of Japanese Studies, I attended panels related to "womenomics" and empowerment of women in the workplace. The overall assessment is that it's a sham because Abe has not delivered on this agenda, a lack of progress that is not obscured by his rhetorical grandstanding about making women "shine."

On the foreign policy front, I give Abe a C+, with good marks on Southeast Asia, Taiwan and Europe. Diplomatic initiatives toward the U.S., China and India have been less beneficial while his wooing of Vladimir Putin -- which the Russian president has repeatedly rebuffed -- has been an abject failure. Abe has met Putin more than any other leader, investing substantial political capital in pursuit of a deal on the Russian-held Northern Territories. In showing how desperate he is to cut a deal, almost any deal, Abe has boxed himself in and the Russians have taken advantage of his naive gambit. Putin has played Abe and embarrassed him.

To his credit, Abe has pursued his dream despite American pressure to isolate Moscow, one of the few cases where Tokyo has defied Washington, but perhaps they cut Abe some slack because he has done more to fulfill the Pentagon's wish list than all of his predecessors combined. He is Uncle Sam's man in Japan, easing constitutional constraints on Japan's armed forces, signing on to new U.S.-Japan Defense Guidelines in 2015 that commit Japan to provide military support for the U.S. anywhere in the world, including boots on the ground, and passed legislation that allows Japan to exercise the right of collective self-defense. All of this enjoys little public support but earned him kudos in the U.S.

Abe also bit the bullet on President Donald Trump, cravenly cozying up to him to curry favor and protect the alliance from an erratic and dysfunctional White House. But this has increased risks for Japan, while it's not clear that any of these moves have made Japan safer.

Does anyone really think Trump will endanger Los Angeles by retaliating for a North Korean attack on Japan? Why has Abe shied from a more vigorous regional diplomacy? It is especially damning that he recently considered a breakthrough visit to Pyongyang, but only to salvage his plummeting popularity rather than to advance any thoughtful strategic plan.

This constant prioritizing of image and optics over substance is why he deserves a low grade.

https://www.japantimes.co.jp/opinion/2017/09/16/commentary/grading-abes-flailing-leadership-policy-drift/

 

【コラム】慰安婦被害者たちに残された時間

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月17日(日)11時13分2秒
返信・引用
   文在寅(ムン・ジェイン)政権は、意味のある数の慰安婦被害者たちが生きている間に、その恨(ハン=無念の思い)を晴らす機会を持つ最後の政権になる可能性が高い。政府に登録されている従軍慰安婦被害者239人のうち、現在の生存者は35人だけだ。その平均年齢は91歳。最も若い人で85歳だ。今年に入って5人が死去し、そのうち2人は先日、2日違いで亡くなった。慰安婦被害者の年齢や健康状態を考えれば、いつ悲報があってもおかしくない。


 「時間」は慰安婦問題における最大の制約の1つだ。前政権が2015年12月28日に韓日慰安婦合意を発表した時も、関係者らは「慰安婦被害者たちが1人でも多く生きている時に手に届く結果を知らせるには、100%満足でないとしても折衝するしかない」と言っていた。現政権に留任した外交部(省に相当)の林聖男(イム・ソンナム)第1次官が当時、慰安婦被害者の所を訪れて、「皆さん亡くなってしまったらどうすればいいのですか? そうなってから日本に何を要求しますか? 時間も重要ではないでしょうか?」と訴えた時は、それなりに真摯(しんし)な気持ちがあったと信じたい。事前に慰安婦被害者たちの十分な信頼関係を得られていなかったことなどは問題だが、韓日慰安婦合意の全過程・結果を一緒くたにして「売国・屈辱・拙速」とレッテルを貼るべきではない。

 慰安婦問題に関して韓国の世論が日本に要求していることを「10」とした時、短期間にこれらがすべて受け入れられる可能性はほとんどない。日本に「法的責任を認め、これに伴う賠償金を支払い、首相が真摯かつ正式に謝罪せよ」と要求するのは、北朝鮮に「核を放棄せよ」と言うのとほぼ同じだ。韓国は公正で正しい主張をしているが、相手が素直に応じる可能性は0%だということだ。「10」ではなく「7-8」を要求しても、それが受け入れられるには、国際世論の形勢などを通じて長い闘いを繰り広げることになる。それでも成否は不透明だ。このため、これまでの政権のほとんどは、任期初期に慰安婦問題解決への意欲を見せても、一定の時期が過ぎると手を引いた。現実的な限界を認めて日本と折り合いを付ければ「売国奴」とののしられるだけだから、「日本は覚醒せよ」と叫んで未解決のままにしておいた方が政治的に見て安全な方法だからだった。

 文在寅政権はこうした過去の政権とは違い、新たな解決策を打ち出すことができるのだろうか。現政権は今、「朴槿恵(パク・クネ)印の韓日慰安婦合意」を「積弊清算対象順位1位」に掲げ、タスクフォース(作業部会)を稼動させて問題点を暴いている。合意文に「最終的かつ不可逆的に」という文言が入った経緯が何で、誰が責任者なのかなどをはっきりさせようとしている。ここまでは簡単だ。「すっきりした」と世間から拍手を浴びることもある得るだろう。しかし、その後は、何度も約束した通り「文在寅印の慰安婦問題解決法」を提示しなければならない。野党時代は慰安婦被害者たちと一緒に涙をこぼせば良かったが、国政運営に責任を持つことになったのなら、涙をぬぐう方法を見つけなければならない。それができなければ、あまり時間が残されていない慰安婦被害者たちにまた「希望拷問(実現できないことを知りながら、実現できるかのように希望を持たせ、結果的に苦しめること)をした」と批判を浴びることになるだろう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/15/2017091501863.html

 

【痛快!テキサス親父】徴用工問題を吹聴する韓国 国連で日本の名誉回復へ、杉田水脈氏ら「慰安婦の真実国民運動」

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月15日(金)21時12分44秒
返信・引用 編集済
   ハ~イ! みなさん。

> 徴用工問題を吹聴する韓国 国連で日本の名誉回復へ、杉田水脈氏ら「慰安婦の真実国民運動」


 先月末から今月にかけて、米国南部に史上最大級のハリケーンが直撃し、多数の死者・行方不明者が出ているんだ。ハリケーン「ハービー」はテキサス州南東部、「イルマ」はフロリダ州を襲った。被災地域は「復興に10年かかる」という話まである。

慰安婦問題
 幸いなことに、俺はダラス近郊に住んでいるので、難を逃れることができたが、被災地は今も緊迫した状況だ。

 そこで、俺の親友であり、ケンタッキー・カーネル(ケンタッキー州の名誉称号)でもあるシュン(テキサス親父日本事務局、藤木俊一事務局長)は、被災地の支援のために義援金を呼びかけてくれている。本当にありがとう。詳しくは、事務局のHP(http://staff.texas-daddy.com/)を見てくれ。

 さて、そのシュンをはじめ、俺の友人である杉田水脈前衆院議員、論破プロジェクトの藤井実彦代表、元銚子市長の岡野俊昭氏、エドワーズ・ヒロミ氏らが、「慰安婦の真実国民運動」の国連派遣団として、現在、スイス・ジュネーブに滞在している。

 彼らは、アジアの反日活動家や国家から貶められてきた「日本の名誉」を回復するために滞在しているんだ。彼らの目的は3つある。

 (1)最近、韓国や日本の活動家らが史実をねじ曲げて、「第二次世界大戦中、日本政府や企業が、朝鮮半島から多くの人々を強制的に連れてきて、炭鉱や工場で奴隷のように働かせた」という徴用工問題を吹聴している。実は、高い給料や安定した生活を求めて、密航してきた人々らしいが、「第2の慰安婦問題」にならないよう行動している。

 (2)慰安婦問題で日本が批判されている原因でもある「クマラスワミ報告書」を撤回し、再調査をするように申し入れる。

 (3)国連特別報告者のデビット・ケイ氏が出した「日本政府がマスコミを弾圧している」とする報告書について、俺の友人であるケント・ギルバート氏の協力を得て、「デッチ上げだ」と訴えに行っているんだ。

 彼らは、今までのように一部の活動家によって歴史が改竄(かいざん)され、国際社会で日本を貶められないように、愛国者としてさまざまなチャンネルを使って活動しているわけだ。

 日本には「謝罪」の文化がある。その場を丸く収めて、将来の良い関係のために頭を下げるものだが、これは日本人同士だけで通用するものだ。国際社会では謝罪すれば、「悪いことをした」と認めたことになり、さらにさまざまな方面からたたかれ続けるぜ。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。

 今後も俺は、米国の「愛国者」として、日本の「愛国者」である彼らの活動を応援し、日本の名誉回復のために手助けできることがあればやっていくつもりだ。

 では、また会おう!

米南部フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イルマ」の被災地

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170915/soc1709150010-n1.html

 

菅官房長官、慰安婦資料の世界遺産登録の可能性に「反発」

 投稿者:BattroidValkyrie  投稿日:2017年 9月13日(水)18時19分26秒
返信・引用
   韓国・中国・日本を含む8か国の市民団体が申請している旧日本軍慰安婦関連の資料が今年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に登録される可能性が高まったとの見通しが示されていることについて、日本の菅義偉官房長官は12日「ユネスコの趣旨と目的に合わない」と反論した。

 産経新聞によると、菅官房長官はこの日午前の記者会見で、慰安婦関連資料の世界遺産登録について「加盟国の友好と相互理解の促進というユネスコの本来の趣旨と目的に合わない」として「関連の動きを注視しながら、主張すべきところは主張し、行動を取っていきたい」と反発した。

 日本は2015年10月に中国の南京大虐殺関連資料がユネスコの「世界の記憶」に登録されたことに反発し、審査過程が不透明だとしてユネスコ側に制度の改善を求めた。

 日本は事実上、ユネスコの分担金を最も多く拠出している国であり、ユネスコ側は日本の要求を受け入れて「世界の記憶」遺産の審査過程改善案を取りまとめ、現在審査が行われている。

 しかし改善案が採択されるかどうかは10月14日からパリで行われるユネスコ執行委員会で正式に決まり、改善案が採択されたとしても適用されるのは来年の審査からとなる。従って、慰安婦資料は昨年すでに登録申請されているため今年「世界の記憶」に登録される可能性が高まったというのが産経新聞の分析だ。

 慰安婦資料を含め、2016-17年に「世界の記憶」への登録が申請されている案件は、今年10月24日から3日間にわたりパリで開かれる国際諮問委員会(IAC)で最終的に審査される。

 産経新聞は、慰安婦資料が今回「世界の記憶」に登録されれば、日本国内でユネスコ分担金拠出を見合わせるべきとの声が高まるとの見通しを示した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/12/2017091203368.html

 

レンタル掲示板
/973